デビュー当初と今!日本国籍アイドルたちの韓国語変化がすごい

こんにちは!

最近日本国籍kpopアイドルの韓国語の伸びに驚いているライターです笑

そこで今回は、「デビュー当初と今の韓国語実力比較」を見ていきましょう!

誰がうまい!?みんなの実力をみてみよう!

 

TWICE サナ

出典:sixteen キャプチャ

ウアハゲでデビューしたTWICEですが、はじめはsixteenというサバイバル番組でしたよね!

当初から韓国が上手いのが目立ったサナ。

外国人にも関わらず、うまくコミュニケーションができていた印象です。

 

こちらが最近のサナ。

デビュー当時もうまかった韓国語が、もはやネイティブ級ですね(笑)

発音ミスもたまーーにという感じです。

 

IZ*ONE ナコ

出典:produce48 キャプチャ

produce101のためだけに韓国語にきたIZ*ONEメンバー。

はじめは努力する姿が美しかったもののどうしても会話がむずがゆそうな感じがしていました。

 

出典:vアプリ キャプチャ

ですが、最近はとっても流暢なんです!

日本人メンバーだけでv放送をしているときも、普通にみんな会話しちゃってます😂

やはり住むのって大切ですね…!

 

rocket punch ジュリ

出典:produce48 キャプチャ

produce48 がはじまったときはもちろん韓国語ができなかったものの、

片言でも言おうとする姿勢が毎回見られました。

 

出典:vアプリ キャプチャ

なんと1人で韓国語でファンと話しています。

ジュリはまだまだ勉強中な感じがでていますが、デビュー当時も今も、話そうとする姿勢が素敵ですね!

今後の伸びに期待です✨

関連記事
日本人が3人!!FNC期待の新人「Cherry Bullet」を紹介!

 

GWSN ミヤ



ピックアップ記事

関連記事一覧